業界発足から20年余りが経過し、生活関連サービスも身近に利用されるようになってきました。
あれだけ少なかった水道屋さんも今や、ネットを開けば選べるほどたくさんの業者。

冷蔵庫にはマグネット広告。調べれば調べるほどたくさんあり、どこに頼めばいいのか分からないから一番安い所。
一番目についた所。一番近い所。一番人が好良さそうな所。といった様々な選び方で呼んだ経験はあると思います。

しかし、これだけ業者がたくさんいてもこれだけは変わりません。
「まずは現場状況を見させていただきお見積もりは無料でさせて頂きます」っていう言葉です。
もちろんこれは正直当然で見てもいない状況で、いくらで直せるのか。を答えるのは非常にリスクがあるからです。
けどちょっと怖いですよね・・
少なからず原因は分かっているのにわざわざ見てもらって、いくらと言われるかも分からず呼ぶのは・・・

また、この水道業界。
基本的には正社員制度の業者の社員は歩合を稼がなければ生活ができません。
外注システムのところでは、下請けの業者は自分の所も稼がなくてはならず、本部への支払いもあります。
要するに、どんな状況、どんな依頼であっても訪問した現場で利益をしっかりと出さなければ生活ができないのです。
結構やっている本人も心苦しくて退職するスタッフも多いようです。
そして、そんな重要なことをコールセンターでお客様に「¥〇〇です」と伝えられるわけがないのです。
最悪、コールセンターまでもが外注の業者であるのも現状です。素人に答えられるわけありませんね。

こういった背景がある中で、
見てもらうだけは無料だし見てもらうだけみてもらい、金額に折り合わず断ったケースもあるのではないでしょうか?
または的外れな説明をされて困ったこと、ここだけやってほしいと言っているのに聞いてもらえない。
急いでいるのに話ばかりで嫌になった。なんて経験も少なくないと思います。

我々は長年この業界に携わってきてどのようなトラブルが多いのか。また実際は何をお客様が求めているのか。
をしっかりと知っています。

様々に起きる水周りのトラブル。金額の相場、定価なんてものはありません。
ほぼ言い値に近く、料金表があってもそれだけでちゃんと終わるケースの方が少ないんです。
あれこれ理由を付けられて見積額がぐんぐん上がります。
よくあるケースとしては「トイレがつまっただけなのに¥38,000取られた」等です。

水道のことをよく知っている人からすればありえない。知らない人からしてもありえないんです。
ただ、緊急であるがゆえに仕方がなかった。というのが落としどころなわけです。

こんなことをしていては業界自体が衰退化し、良い未来は見えません。
そこで当店は、しっかりお客様にも勉強してもらい、ある程度の原因までを絞っていただき作業内容を買って頂く。
これまでにない水道屋のカタチです。

なぜそのトラブルが起きてしまったのか。が分かれば修繕方法は簡単です。
「水周り商品を取り換えたい」なんてお客様は、いまやネットが一番安く買えます。
取付工事だけをプロにお任せ下さい。緊急業者での交換ではほとんどが定価で買わされますよ・・・

無能は罪です。少しでいいので理解して頂くと「本当は何が必要で何をしなければならないのか」
がはっきりしてくると思います。下記ページからちょっとした勉強してみてください。
 

 

カテゴリー

営業日カレンダー

2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
土日祝日は配送業務はお休みを頂いておりますが、365日営業です。