トイレのつまりはある程度、出ている症状を把握することで原因を特定してあげることが可能です。
現在起きている症状から該当する症状やきっかけをクリックしてもらうと適した作業内容に移動します。

・いつもと同じようにしたのに急に詰まった

丸まったトイレットペーパーと大便を一緒に流してしまうと、トイレ内でつまってしまいます。
明らかにトイレットペーパーを使っていて、何も落としていない場合は下記方法でつまりを除去する事が可能です。
詰まりの度合いによって作業内容は異なりますがより確実な作業方法はハイスパットです。

ラバーカップ ローポンプ ハイスパット 便器脱着

・あふれそうになるが、しばらくすると水位が下がる

明らかに便器内で何かが引っかかっている場合に起きる症状です。
それが何も落としていなくて明らかに大便ということであれば下記作業方法で除去できます。

ローポンプ ハイスパット 
しかし、何を流したのか分からないけど、この症状が出ている場合は上記作業は危険行為です。
ハイスパットなどの強い空気圧により便器が破損する可能性がありますので下記作業をお勧めします。

便器脱着

・まったく流れない(時間が経っても詰まりっぱなしで変化もなし)



・何日か前から少しづ流れが悪くなってきていた、又は急に流れなくなった

・家の外のマンホールから汚水があふれている


・流したあとにゴボゴボと音がする

・過去にも同じようにトイレがつまったことがある

・何か落としてしまった

実際に様々な例があります。ペン、おむつ、眼鏡、携帯、お財布、ペーパーの芯、猫のトイレの砂利などです。
この場合には、便器内の内部にひっかかってしまっているケースがほとんどです。
一度はあふれそうになり水が上がってきますが、スゥ〜〜っと引いていくイメージですので一件は詰まっていないように見えるかもしれません。
しかしそこへ、トイレットペーパーなどを流してしまうと、隙間を埋めてしまい完全に詰まります。
ラバーカップや、圧力をかけて行う修理を行っても、空気だけが抜けるので改善されません。
物を落としてしまった際は便器を取り外す作業が基本となります。
かろうじて落としたものが見えている場合は、簡単に修繕できる場合もあります。

ラバーカップ ローポンプ ハイスパット 便器脱着

・でっかくて固いうんちがでた
明らかにいつもより多く出てしまい、その後に詰まってしまったのであれば便器を取り外す必要もなく作業が可能です。
つまった後に流すと水があふれそうになるがしばらく放置しておくと水が引いているケースが多いです。
この場合に「大丈夫」と思って流すと、またさらに詰まるので症状が重たくなるのでご注意を。

ローポンプ ハイスパット 

・嘔吐したあとにトイレがつまった

・紙をたくさん使いすぎた

・トイレットペーパー以外の物を流した

・タンクから出てくる水が少ない気がする


・過去にも同じようにトイレがつまったことがある

・なぜトイレが詰まったのか原因が知りたい


・1階のトイレは流れるけど2階のトイレが流れない

・2階のトイレは流れるけど1階のトイレが流れない





 

カテゴリー

営業日カレンダー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
土日祝日は配送業務はお休みを頂いておりますが、365日営業です。