外で、水があふれていたりしてトイレが使用できない場合は基本的には現地でのお見積をお勧めしています。
見積までは無料なので下記より、無料出張見積もりをご購入下さい。





外での配管のつまりの場合はしっかりとどこでどのように詰まっているのかを把握、理解する必要があります。
現実的に配管の勾配が下がってしまっていたり、配管が割れていたりしている場合には工具や器具を使っての修理は難しいです。
しかし、以下の場合には作業を行うことでつまり除去は可能になります。

まずは自宅の家をぐるっと回ってみてください。
下記の写真のような「汚水桝」(オスイマス)が必ずあります。点検マスとも呼びます。


無いお宅ではおそらく土に埋まっているかして見えていないだけなので探してみてもよいかもしれません。
下記のように明らかにこの桝から水があふれてしまっている場合には何らかの原因により、配管内でつまっています。


コンクリートでできている桝の場合には、「破損」も大きな原因ですので一度お見積に訪問させて頂くのが無難です。
蓋を開けてみて、目で見て破損が見られない場合には下記方法で取れる可能性が高いです。

トーラー作業はコチラ 
詰まっている箇所まで電動式の長いドリルみたいな器具を配管内に入れて貫通させます。
貫通されるとつまりは解消されたまっていた汚物は一気に下水管もしくは浄化槽へ排出されます。


高圧洗浄機作業はコチラ
ものすごく強い水圧を用いて配管内の汚れを一気に弾き飛ばしながらつまりを解消していきます。
つまりがとれることはもちろんのこと、配管内の清掃も同時にできるのでつまりの予防にも役に立ちます。








 

カテゴリー

営業日カレンダー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
土日祝日は配送業務はお休みを頂いておりますが、365日営業です。