電子錠は民泊を経営されている方や、賃貸のアパートなどを経営されている大家様へもとても大きなメリットとなります。
民泊などでは鍵の受け渡しが必要なく機種別の機能で「ワンタイムパスワード」やパスワード発行ソフトなどが使われています。
チェックイン時には番号を伝え、入室したら部屋にカードを置いておく。滞在中はそのカードを利用して快適に。
チェックアウトではカードはそのまま部屋に置いておけばあとはオートロックのため安全。
また番号だけ変えて置けば次の方の準備も簡単です。清掃の場合には1枚のカードを各部屋へ登録すれば1枚で全部屋に入れます。
入居者にとっても貸す側にとってもメリットが非常に大きいです。


こちらはシリンダーICロック2という商品を取りつけています。







特に女性の方の場合、セキュリティ面ではカメラ付きインターホンと並んで重視されるのがこのオートロック。
空室を埋めるのに真っ先にやるべきことと言われるほどなんです。
入居者視点では、入居者自身で暗証番号を登録するため、鍵の紛失や複製といったトラブルを解消します。
ICカード、暗証番号や指紋を単独、もしくは組み合わせて使うので鍵の複製は困難で、防犯的にも優れています。
工事やコストが必要な埋め込み型電気錠と違い、シリンダー被せ型等の後付けタイプですから大掛かりな工事は必要ありません。
導入費用も安く済みますし、物件価値の向上に役立ちます。
通常の暗証番号のほかに管理者番号の設定が可能な製品もあり、転勤の多い寮・社宅の場合も、鍵管理が便利になります。
賃貸物件の内覧時などに営業担当がカギを取りに戻ったり、管理台帳に記入したりする手間も省くことができます。
万が一の場合にも非常用キー(または元の鍵)が使えるので安心です。
また、シリンダータイプの鍵とは違い、入居者が変わるたびの鍵の交換も必要なくなります。
法律で鍵の交換は大家様となりますので年間数万円の節約にもつながっているのも事実です。

実際に取付のされたお客様のきっかけを見てみましょう。案外同じ悩みから導入を決められている方は多いです。




・オートロックの暗証番号を住人以外の人(新聞屋さんや訪問販売の人など)に知られていて不安だった。

・入居者が変わる度にシリンダーごと業者に頼んで交換していたが毎回3万以上していた。


・シリンダー交換をしなくても暗証番号や登録するカードでいつでも変更できると知ったから。

・社員寮としていくつか貸していて、人の入れ替わりや転勤等、鍵の交換が結構手間だなと感じていた。

・新しく入居される方から、前の入居者さんの後、鍵を交換しても不安という声を頂いていた。

・鍵を無くした入居者様から連絡があると行かなければならない時が多々あった。

・都度の鍵交換費用の削減をしたかったから。

・宿泊者が変わるごとに鍵の確認に行く手間を省きたかった。

・毎回暗証番号の変更ができる電子錠があると知ったので、受け渡しの手間が省けると思ったから。



・鍵を持って出かけた宿泊者の方が鍵を無くしてしまう事があった。

・キーボックスを置いて鍵の受け渡しをしていたが不安があったから。

・鍵を持って帰ってしまうお客様が多々みえたので困っていた。

・各部屋ごとのスペアキーが大量で管理するのが大変だった。


 
 

カテゴリー

営業日カレンダー

2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
土日祝日は配送業務はお休みを頂いておりますが、365日営業です。